私にとっての「その日暮らし」とはお気楽にその日をただ過ごすわけではなく、「その日その日を大事にする」という思いを込めてます。
宮崎旅行 2日目
朝は昨日のお持ち帰りのサラダ巻きをたべて、本土最南端。
鹿児島県の大隅半島にある佐多岬へGO

南郷からは、約3時間の道のり。


岬が近づいてくると、車窓からの眺めソテツやらガジュマルの樹やらで、南国ムード。

駐車場に車を置いて岬までは約20分歩きます。


岬に着くまでも絶景が続くので飽きません。

矢印薩摩富士と呼ばれる開聞岳(かいもんだけ)も見えます。


矢印そして到着


矢印お、岬の先の磯に瀬渡し船が。

矢印ちょうど釣り人を回収しているところでした。
釣れたのかな―。
(こんなことばかり気になる私)

今日の目的地はここだけなので、後はまた志布志のホテルへ。
帰路途中の錦江町の車窓からの眺めは本当に素晴らしかった!

矢印左には先ほどの開聞岳。

矢印右には桜島と本当に絶景。
(特に今回は晴天に恵まれたからな。)


今日の宿は志布志の
ボルベリアダグリ
ここの住所が 鹿児島県志布志市志布志町夏井203
志という文字が多すぎて、タイプミスしたような住所だ。



矢印ここも海に面しているので、部屋からの眺めが綺麗。


矢印夕焼けも綺麗でした。
(ちょっとモタモタしてたら太陽が沈みすぎた汗

このホテルは国民宿舎ですが、料理はちょっと豪勢に伊勢エビの懐石にしました。
一泊二日(夕、朝食付き)で一人14,500円。
今迄我が家では2食付きでも一人10,000円を超えるホテルは予算的に行った事無かったけど、今回は長い東京出張のご褒美として超贅沢をした。(あ、普通の家なら当たり前の金額なんだろうけどね)






これに炊きたての栗ご飯でとても美味しゅうございました。

お風呂も温泉でとても良かったのですが、残念なのがここのホテルは夜まで一般客の日帰り湯をしているので、お風呂は宿泊客よりも近所の人たちで芋の子を洗うような大混雑・・。
せめて、昼に時間だけにしてほしいが、平日はきっとこの日帰り湯のお客さんで儲けているだろうから仕方ない・・。

明日の朝は早く起きて、すいたお風呂に入ろう。
国内旅行 / comments(0) / -
Comment