私にとっての「その日暮らし」とはお気楽にその日をただ過ごすわけではなく、「その日その日を大事にする」という思いを込めてます。
渋谷デート(ランチとパチンコ)
昨日から東京へ来ています。

昨日の金曜日は朝7時の飛行機(何年振りかに富士山を機内から見ることができた)に乗って、東京に着き、お昼から講師研修を受けて、夜は講師仲間と飲み会

しかし、この飲み会はつくづく参加しない方がよかった。
飲み会自体はとても楽しいのだが、男性が多いのでもちろん喫煙者もいる。

ということで、洋服やバッグ、コートに煙草の臭いがしみついてしまった。
そりゃぁ、地元ならば翌日は違う洋服を着ればよいけど、出張中だと下着やストッキング類以外は替えを持ってきてない・・・。

お陰で残りの東京二日間はタバコ臭い洋服を着続ける羽目に。
(実はこの日から約1週間たったが、未だにお気に入りの羊革のジャケットはタバコ臭い


さて、愚痴はこれくらいにして、今回の東京での一番の楽しみはパチ友と渋谷でランチとパチンコをすることだ。

最初はいつもの渋谷エクセルホテル東急の「アビエント」でのランチ

ここはパンとサラダはブッフェ形式なので、欲張りな私はつい取りすぎてしまう。



いつもBランチ(2,900円)をオーダーするのですが、これは好きな前菜やメインをチョイスします。

私の前菜「熱々のボーフォールチーズとジャガイモのテリーヌ」

友人の前菜「本日のお勧め」で、メニュー名は忘れました。


私のメイン「ハンガリー産合鴨胸肉のロティとフォアグラのポワレ」


友人のメイン「カナダ産牛ロース肉のステーキ ボルドレーズソース」


そしてデザート(これも好きなデザートを2種選んで、アイスとともに盛り合わせてくれる)


結局2時間くらいお店でくつろぎ、その後はまたいつものパチンコ屋(マルハンパチンコタワー渋谷)へ。

何故この店に行くかというと、禁煙フロアがあるのです。
友人はパチンコを打つ時は喫煙するので、私は禁煙フロアで彼女は喫煙フロアでパチンコを打つのです。

しかし、禁煙フロアは土曜日の午後ということで、ともかく空き台が無い。
空いても、そんな台は釘が悪くてほとんどが回らない。

ということで、予想通りの負け(1万円)
まぁ、21時くらいまで遊ばせてもらったのでいいか・・・・。

来月の出張の時には、良い台を取るために友人と朝から打つことにした。

来月は今日パチンコ屋に預けたお金を、利子をつけて返してもらうつもり。
(って、またもや返り打ちに会う可能性の方が高いが・・・
旅行 / comments(0) / -
Comment