私にとっての「その日暮らし」とはお気楽にその日をただ過ごすわけではなく、「その日その日を大事にする」という思いを込めてます。
弥生(3月) 中国茶
今年から中国茶の頒布会をしている私嬉しい

今月の初めに届いた3月のお茶は

福建 凍頂烏龍(とうちょうウーロン)

3月の烏龍茶

相変わらず、巻紙に達筆な字で安否を気遣うお手紙が書かれてます。
(頒布会の会員全員に直筆で書くとは本当にすごい拍手

今回のお茶は前回と同じ烏龍茶の種類。
(前回は台湾の高山烏龍(こうざんうーろん)

味の違いは・・・。

うーん。よくわからない・・・。モゴモゴ

両方ともすごく甘みがあって美味しいんだけどねラブ

今月はほとんど仕事がなかったので、中国茶もゆっくり楽しむ時間が持てました。ラッキー

来月からはとても忙しい汗ので、残り少ない3月を
ゆったりまったり過ごしますホットコーヒー
中国茶 / comments(2) / -
中国茶はじめました
今年から「中国茶」の頒布会を始めました。

私は「中国茶」には興味が無かったのですが、昨年中国旅行に行った時にガイドに「中国茶」を強引に買わされたのですが、それがとても美味しかったんです。グッド

それ以来少しだけ興味を持ち始めて、横浜出張時に、杉並区にある友人Mの新築のマンション(超素敵なマンションだったラブ。7、8千万近いのでは?←下世話汗)に遊びに行った時に「中国茶」をご相伴(しょうばん)に預かり、やはり美味しい嬉しいと再確認!!

友人Mは広島にいるときに「中国茶」を習っていて、
その後、ご主人が東京に転勤になったので、お茶だけは
広島から、その習っていた先生に頒布会として月に一度送ってもらっているらしい。

ということで、私も今年から彼女の紹介で「中国茶の頒布会」をはじめることにしました。

で、届いたのがこれ downdowndown

中国茶の手紙

今回は2ケ月分が一度に来ました。

届いたのは、両方とも烏龍茶(青茶というらしい)です。

中国茶

左側が 福建岩茶 大紅袍(だいこうほう)
     “茶王”の異名を持つ銘茶

右側が 台湾   高山烏龍(こうざんうーろん)

左側の大紅袍(だいこうほう)は高級な茶葉らしく、サントリーがこの茶葉を使って、330ml瓶でなんと1200円もするというお茶をだしています。
サントリー 烏龍茶 大紅袍

まだ飲んではないので、お味はまた後日アップします。

このお茶と共に先生からのお手紙が入っているのですが、これが感動down

達筆のお手紙

なんと巻紙に直筆の毛筆で書いてあるんです!!
(お茶の袋に貼っている茶名なども全て直筆)

この先生は、女性で30歳台らしいのですがお茶の先生であると共に
習字の先生でもあるらしいのです。

お逢いしたことはないけれど、素敵な女性なんだろうなぁハートと思います。

日々の暮らしの中で、楽しみがまた増えましたニコニコ


中国茶 / comments(5) / -